クルマづくりをグローバルな規模で支援

日本の自動車産業は世界規模で急速に拡大を続けており、クルマづくりで利用されるIT技術も常に革新しています。
その中で当社は、CAD、CGを利用したコンテンツ制作事業と情報インフラの運用・管理などを行うシステムエンジニアリングサービス事業を中心に日本自動車産業発展の一翼を担っていると自負しています。
当社のIT技術で作り出すコンテンツやサービスは国内外の多種多様な新たなクルマづくりの設計、生産から販売支援までの重要な部分を担っています。
また、常にお客様との緊密な業務連携を常に実践し、高い信頼を確保すると同時に、業務を通じてトヨタのコア技術や業務知識を蓄積してきました。
それにより、社員一人ひとりが幅広い知識を有するITプロフェッショナルとして成長してきました。